Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西ジャワ産パリーオオ (kazuhisai)

DSC_2106.jpg

Mt.ハリムン産。F2でやっと大歯が出ました。
(F1は500mlカンタケ菌糸1本返しで中歯63mmまでしか出ませんでした…)
この虫は集荷地で東ジャワ産と混ざったり本物を手に入れるのが意外と難しい虫だったりします。
一応この個体の祖父、野外♂66mmは大歯だったのですが、
追い掛けした♀が本物か分からなかったのでそこだけ不安でした。
混ざってたらもっと変な奴が出ますからね。

DSC_2112

これは60mm半ば予想で大歯手前の中歯です。
確か図鑑で中歯の65mmとかあったので問題ないでしょう。
とにかく複数大型個体を羽化させるのがベターな判別法です。

今回エサ交換して菌糸でもマットでも20gを超える幼虫が何頭か出てるので
今年は70mmを拝めるかもしれません。
これとは別にMt.サラク産F1もやってます。こちらも20g超えてそうなので楽しみです。

多摩川ヒラタF2羽化中…

DSC_2107


なんか虫のSNSやる余裕が微塵も無いと実感した半年でした。
まあマイペースにやります。

ヒラタは成長早くて困りますね。
交換しようと思いったら蛹化祭りで結局半年で羽化…
500mlボトル一本返しです。♂で49mmとか♀31mmとか出ちゃってます。

サイズも散々ですが、一つ面白いのが出たので更新ついでに画像うp。
54mmのギザ無し君です。
意外と出ないのでは?と思ったら累代してたら時々出るようです。
でも自分で出せると嬉しい…ギザだけにギザうれしす(死語)

半年待って夏ぐらいにF3挑戦で今度こそ60mmupリベンジです。

23区産ヒラタ産卵

先月採集した♀(画像1枚目)からF1幼虫が取れました。

DSC_2037.jpg
うう、画質悪い…
1か月のセット+2週間の放置で孵化したての初令から2齢までパラパラと。
セットの中心部がやや異常発酵起こしててそこには幼虫がいませんでした。
幼虫飼育に使う生オガ発酵マットを使いましたが、初期から底面産みしてくれました。

DSC_2038.jpg

全部で15頭くらい。材も入れましたが3頭位しか入ってなかったので要らなかったですね。
産卵に来ていたと思われる擦れた30mm程の越冬♀でしたが、まあまあ産んでくれました。
全部マット飼育しようと思います。

ノコギリ採集

隣の県でノコギリ見に行ってきました。
学生時代チャリで数日間、何時間もかけて見つけた思い出の場所です。
今年は当たり年で60mm越えが6頭も得られました。
よさげな発生木もない普通の畑の脇のクヌギで採ってますが、
数年に1度、このように大型個体がバンバン採れます。

DSC_2044~04

小型のバックルケースが満タンになってしまいました。
狭い場所ので1日10頭見れればまあまあですが、
今回は♂♀合わせて15頭以上確認出来ました。
都内ではまずこんな割合で大型が採れませんね…(笑)


DSC_2046~05

最大の65mmの赤ノコ。このサイズになるとガチッとしていて最高です。
とりあえず赤ノコ同士をかけて子供取ってみます。

23区内産ヒラタ

憧れの23区内産ヒラタをやっと自己採集しました。
ネットで少し変わったアプローチでヒラタを採集してる方がいて
その方のブログを参考に採集したところ、あっさりと採れました。
コクワすら取れず涙目敗走した場所で数年越しでリベンジを果たせました。

DSC_2052~01
画像中央が♀。昼のルッキングで発生木らしき場所で発見。越冬個体でした。
(ちなみにスコップで掘ったわけではないです。)

DSC_2050~02
↑のルッキングでトラップを仕掛け、数日後確認しに行き、またも♀ゲット。
結構な箇所に仕掛けましたが、トラップでかかったのはこのチビ♀のみ。
かかっただけで十分ですが、欲を言えば♂が欲しかったなあ…

DSC_2052~02
同日、他の方が採集した大型個体。めっちゃかっちょよかったです。
死骸を含め♀ばかり3頭先行しましたが、その後コナラで小型♂を採集できました。

発生木も十分あるし、この先もヒラタが見られそうな場所ですが
ただ材割りだけされないことを祈るのみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。